ハイエース 査定

ハイエースは盗難被害に遭いやすい!

人も荷物も大量に運べるハイエースは、盗難被害に遭いやすい車でもあります。

 

一般人が自家用車として乗るよりも、現場に向かう施工業であったり、運搬を行う宅配業など商用に使われるイメージがあります。

 

このため、海外での人気も高く、転売目的で盗まれてしまいます。
それこそ過走行であっても高値で取引されるようです。

 

途上国のコンクリート施工されていない道でもしっかり走れる耐久性を有しています。
日本車は品質が良いことから、ハイエースでなくとも海外で人気が高いです。

 

盗まれたあとは、そのまま海外で使われるとも限りません。
ハイエースは車そのものだけでなく、使用されている部品の価値も高いため分解されて部品として転売される可能性もあります。

 

盗難防止には、イモビライザーシステムが有効です。
キーと車を電子照合させるシステムです。このキーでなければ、車を走らせることができません。

 

また、物理的にはハンドルに取り付けて動かないようにするハンドルロックや、タイヤに取り付けるセーフティロックなどが有効です。
特にセーフティロックは車外に取り付けるものなので、人目につくところに車を置いている限り被害にあうことはないでしょう。

 

目に見える盗難の対策は犯人にとって牽制にもなりますね。

 

しかし、部品だけを盗みたい場合は、車を動かないようにするロックでは意味がないかもしれません。
そういった場合に備えてアラームも併用してセットしておくと良いでしょう。

 

 

方々で人気の高いハイエースですから、売ると決めたらすぐ査定にかけたいですね。