下取りと買取の違い

下取りと買取の違い

下取りと買取、どちらも今持っている車を手放す時に行う手続きですが、どう違うのでしょうか?一見似ているようで全く違うこの2つの違いを見ていきましょう。

 

下取りとは

下取りとは、新しく新車または中古車を買うお店に今まで乗っていた車を引き取ってもらうことです。この場合現金は手に入らず、新しい車の購入資金に充てられます。つまり「必要ない車を処分する一方で、新しい車の購入資金を作る」ことが下取りの仕組みです。

 

メリットとしては値引きできない分を下取り額で補填してくれると言ったことが挙げられます。逆にデメリットはと言うと、他の買取店で高値が付いたとしても下取り額はそれに合わせてくれることがほとんどないこと、人気車種や装備も買取に比べるとプラスになりにくいということです。

 

買取とは

買取とは、買取専門店や販売店に新しい車の購入とは関係なく直接車を売却することです。その名の通り業者が車を買い取ってくれるので、買い取り代金を手にすることができます。要するに「車をお金に変える」作業と言うことです。

 

下取りと比べると、人気装備などが買取価格にダイレクトに反映され、高値がつくことがあります。また数店舗で査定して買取価格を比較することができるので、一番高い値段をつけてくれたところに売ることができます。その業者が得意とするブランドの場合は、より高めの値段をつけてもらうこともあります。