ハイエース 車検

車検は通した方が良い?

車を売るときに、車検が切れてしまっている、もしくは車検がもうすぐ切れそうな場合、車検を通してから売った方が良いのかそれともそのまま売ってしまっていいのか迷う人も多いと思います。

 

車検が残っている方が高い買い取り金額は付きますが、わざわざ車検を通して売っても車検を通す費用を上回るプラス査定があるわけではないのでそのまま売ってしまっていいでしょう。車検が切れてしまっているからと言って買い取ってもらえないということはありませんので大丈夫です。

 

買取業者側からすると、同じ条件の車であれば車検まで数か月の車よりも、車検を通したばかりの車の方が魅力的です。そのため車検があると査定額が上がりますが、上がると言っても法定費用分の数万円が上乗せされる程度です。

 

車検に出すとなると10万円前後かかりますが、車検を通してから査定に出しても10万円プラスになることはありません。

 

そもそも買取業者は車検を安く通す方法を知っているので、買取業者から見て車検の有無は整備後の再販に向けた大きなコストにはならず、車検の残りの期間で査定額に大きな違いが出るとは言えないでしょう。

 

なお車検が切れてしまっていると公道は走れませんので、車検を受ける場合は買取業者に来てもらうことになります。車本体やパーツなどを持って行く手間も省けるので、出張査定に来てもらった方がメリットも多かったりします。

 

また車検まで1か月切ってから車を売ろうとする人もいますが、車検までの期間が短いとそれまでに売らざるを得ないため足元を見られてしまう可能性もあります。売るか売らないか金額を見て判断できるように、余裕をもって最低でも2〜3か月車検が残っている状態で査定を受けた方が良いでしょう。

 

露骨に査定額を低く付けたり、「車検が切れかかっているのでマイナス査定になります」と言う業者には売らず、別の業者に査定してもらいましょう。

 

査定が切れそう、切れていても大きなマイナス査定にはならないということを知っていれば、業者に言いくるめられて安く買い叩かれることも防げるでしょう。