ハイエース 性能

ハイエースの性能

海外でも高い人気を誇るハイエースですが、どのような性能を持っているのでしょうか?

 

ハイエースの性能として一番特徴的なのは低燃費性です。排出ガス規制に合わせた新型のディーゼルエンジンを使っているため、とても静かで出力も高いです。また車の形をうまく利用したスペースの有用性も特徴です。頭上も高いため、荷物の積み込みもストレスがかかりません。その上全幅は1690mm台と日本の道路事情にもしっかり配慮しています。安全性も他の車よりも高く、長距離移動にも最適な車です。世界屈指の耐久性を誇っているので、古い年式のハイエースでも海外でいまだに走っていたりもします。

 

ハイエースのエンジンは大別するとディーゼルエンジンとガソリンエンジンの2種類。特にディーゼルエンジンはタフで粘り強く、現行型の200系に搭載されているディーゼルターボは高速も快適に走ることができます。ハイエースの場合ディーゼル車とガソリン車の車両の価格がとても大きいため、日本での一般的な走行距離である年間1万キロ前後しか走行しない方の場合、10年ぐらいではその差額が埋まらないと言われています。距離を走れば走るほどディーゼル車の燃料の安さの恩恵を受けることになるので、仕事などで距離をたくさん走る方はディーゼル車の方が良いかもしれません。逆にそれほど距離を走らない方はガソリン車の方がかえって安く済むことも多いようです。