ハイエース 再査定

再査定とは

車の買取で再査定、または二重査定と呼ばれるものがたまに行われることがあります。
再査定とは車の買取を買取店に査定してもらい契約した後、「事故歴やキズが見つかった」などとして最初の査定額より減額されることを言います。キャンセルをすると違約金が発生してしまうので問題になっています。苦情も多く寄せられているため、テレビでも報道されたようです。
なぜそのようなことをするのかと言うと、車の査定は通常1人の査定士が30分ほどかけて査定をしますが、買い取り後に車を持ち帰って改めて別の査定士が修復歴などがないかチェックします。最初の査定士では見つけられなかったキズやメーター戻し、水没歴、修復歴、事故歴などが発覚すると再査定となります。買取店では買取後のリスクを最小限にするために、契約後の振込に1週間前後程度の一定の期間を設けています。
ですが再査定でキズなどが見つかったとしても査定士のミスです。これは査定ミスと呼ばれ、中古車買取業界では恥ずべき行為とされています。査定ミスはその買取店の評判を落とす行為なので、もしミスが見つかっても減額されないのが一般的だと言われています。しかし悪質な買取業者ではこのミスを逆手にとって、最初の査定で高い査定額を出して、後日減額するという手法で利益を得ているところもあるようです。
しかし再査定について「おかしい」と言っても契約書に書かれていると指摘されてしまい、泣き寝入りをするケースが少なくないそうです。こうしたトラブルを避けるためにも契約書は細かいところまでしっかり読み、契約の際は焦らず慎重になることが肝心です。

 

こうしたトラブルに巻き込まれないためには以下のような回避策があります。

  • 再査定の結果事故車と言われたら、業者に証明書の提出を求め修理歴があるか確認する
  • 中古車買取業者の主張に疑問がある場合は、車の修復歴の確認を財団法人日本自動車査定協会に依頼する
  • 契約前にキャンセルはできるか、キャンセル料はかかるかなどの条件を確認しておく

 

また再査定を未然に防ぐには以下のような方法があります。

  • 査定士に事故歴・修復歴を申告する
  • 契約後のキャンセルはできるのか確認する
  • JADRIに登録されている買取店を利用する

 

JADRIとは日本自動車流通研究所の略称で、中古車業界をユーザー目線で監視し、ユーザーが気持ちのいい取引ができるよう悪質な買取店を排除しようという団体のこと。JADRIに登録している買取業者は再査定が禁止されている。