ハイエース ローン

ローンが残っていても売れるの?

車を売却したいけれどローンがまだ残っているから売れないのでは、と悩んでいる方。そんな疑問を解消していきたいと思います。

 

結論から言うと、ローンが残った車を売ることは可能です。

 

ただし所有者名義がディーラーや信販会社になっている場合は勝手に売買はできません。車の所有者は車検証を見れば確認できます。

 

所有者が販売店・信販会社になっている場合

車をローンで購入した場合は所有者名義が販売店または信販会社となっていることがあるので、まずは車検証の所有者名義を確認しましょう。これは「所有権保留」によるものなので、ローン完済後に「所有権解除」の手続きをし、車の名義を自分に戻す必要があります。販売店または信販会社名義のままでは売却できません。

 

ローンが残っている場合は、査定の結果、決まった買い取り金額からローンの残債を一括返済するという形を買取業者が取ってくれます。そして残債額を差し引いた金額が支払われることになります。もし査定額よりも残債額の方が上回った場合は、不足分を買取業者へ現金で支払うのが一般的です。業者によっては不足分をローンを組んで支払うことも可能なようです。

 

所有権が無い車を勝手に売却するとどうなる?

 

自分に所有権のない車を勝手に売却してしまうことは横領罪となり、立派な犯罪です。刑事では1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料となり、民事でも損害を賠償する責任を負うと定められています。

 

所有者が自分名義になっている場合

また銀行などのマイカーローンを借りている人の場合は、名義が自分になっていると思います。この場合だと所有権は自分にあるので車を売ることは自由です。ただし、金融機関によってはローン途中の売却について何らかの制限が設けられている場合もあります。売却する前にローンの契約をよく確認するか、銀行などの確認してみるといいでしょう。