ハイエース 200系 買取

ハイエース200系の買取について

ハイエース200系は、100系から2004年にフルモデルチェンジしたハイエースの車種です。スタンダードボディとワイドボディがあり、最大で15人乗りのコミューターも設定されている大人気の車種です。

 

100系の全幅は全て小型車枠の1700mm未満でしたが、200系の全長4.7m以上のものはすべて全幅が1880mmのワイドボディ車となり、居住性が向上しました。トレッドが広がり、ロール抗性や小回り性の面でもプラスになっていますが、大幅な拡幅に取り回しや駐車場の確保に不安を持つ声もあります。ワイドボディ・ミドルルーフ車は標準ボディ車ロング比でフロントクラッシャブルゾーンが150mm拡大され全長が4840mmとなっていますが、車内長は標準ボディ車と同じです。

 

先代のシフトレバーはフロア配置でしたが、200系では全車インパネシフトとなり、ウォークスルーに配慮されています。また先代で廃止されていたステッキ型パーキングブレーキレバーが、ウォークスルー性や乗降性との兼ね合いで復活しました。ディーゼル車は従来の3.0L自然吸気式エンジンの5L型から、2.5Lコモンレール式ディーゼルターボエンジンの2KD-FTV型に変更し、2003年新短期規制、東京都ディーゼル車規制、自動車NOx・PM法に適合させました。

 

ハイエース200系を下取りに出した場合、買取に比べて比較的安く設定されていることと、実は買取業者ごとで驚くくらい査定額に違いが出てきてしまうのです。なぜ下取り査定が低めになってしまうのか、また買取にしても査定額に違いが出てしまうのはなぜなのでしょうか?それは、車を売る際の外部の条件がその時その時で異なるからです。ハイエースを売却する時期や付属品の状態、デビューからの経過時間、買取業者の強化買取車かどうか、ライバルの買取業者がいるかどうかが査定額に影響しているのです。

 

ディーラーでの下取りが安くなってしまう傾向にあるのは、買取時の競争がないからです。ディーラーでの下取りはライバルが入り込む隙がありません。そのためディーラー側は高い査定額を付けないと打ってもらえないというリスクがありません。これが、下取り査定額と買取査定額で数十万の差がついたという事例が起こってしまう理由です。

ハイエース200系を高く売るには

ハイエース200系を高く売るには、ディーラーでの下取りではなく、競争が激しい中古車買取査定を利用しましょう。中古車買取業者の中でもハイエース200系を強化買取している業者を探す必要があります。どうやって探せばいいのかというと、一括査定サイトを利用すると便利です。一括査定サイトの使い方は簡単です。

 

一括査定サイトの使い方

1.一括査定サイトにアクセスする

2.売りたい車の情報を入力する

3.複数の業者の見積もりを比較して、一番高く買い取ってくれるところを見つける

 

たったこれだけです。一括査定なら車を売ってもらおうと各社が競争しあうので価格が上がりやすいです。特に最近は昔と比べて買取業者も増えているので、他社よりも少しでも高い買取価格を提示して競い合っています。

 

一括査定サイトの中でもおすすめなのがズバット車買取比較です。
ズバット

 

車種や排気量、郵便番号を入力するだけで最寄りの買取業者を検索することができます。車の状態や住んでいる地域によっては最大10社まで一括査定を依頼できます。提携先の買取業者はガリバー、カーチス、カーセブン、ラビットやアップルなど多数あるので、地方に住んでいても手軽に複数社の査定を受けることができます。