ハイエース キャラバン 比較

日産 キャラバンとの比較

トヨタのハイエースとよく似ていると言われている日産の「キャラバン」。どんなところが似ていて、どういった違いがあるのか、比較してみました。

 

キャラバンとは?

日産・キャラバンは1973年に登場しました。キャブオーバー型のワンボックスカーで、1&4ナンバーの商用仕様のバン、2ナンバーで12〜15人乗りマイクロバス仕様のコーチ、3&5ナンバーの乗用仕様のワゴンに分類されています。そのため、幅広いラインナップや特殊用途の車両がバリエーションとして用意されています。

 

1995年からいすゞ自動車にOEM供給をされていて、1995〜2001年までは「ファーゴ」、2001年以降は「コモ」という名称になりました。比較されることも多いトヨタのハイエースは長年の競合車種です。

 

現行車の5代目は2012年にフルモデルチェンジされ、ネーミングも「NV350キャラバン」と変更されました。

 

ハイエースとキャラバンの違い

ハイエースとキャラバンはともにワンボックススタイルの商用車ですが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。スペックを比べてみました。

 

車種

ハイエース

キャラバン

全長

4695mm

4695mm

全幅

1695mm

1695mm

全高

1980mm

1990mm

最大積載量

1000kg

1250kg

排気量

2693cc

2488cc

ドア数

4

4

シフト

6AT

5AT

駆動方式

FR/フルタイム4WD

FR

JC08モード燃費

11.2km/L

12.2km/L

定員

10名

10名

 

 

サイズはキャラバンの方が10mm高いくらいでほぼ同じ、積載量はキャラバンの方が少し多いくらいです。ほぼ同じサイズの両車ですが、キャラバンの荷室で特徴的なのがラゲージユーティリティナットをロングボディの場合で14個装着したことです。これは荷室に設けた穴で、棚やネットを設置するときなどに便利です。

 

燃費や走り心地などもグレードによって差はあるものの、同じくらいです。外観もそっくりなハイエースとキャラバン。ここまで来ると本当にどこが違うの?と思ってしまいますが、違いを挙げるとするならハイエースの方が中古車の買取価格が高いということでしょうか。

 

結局は好みの問題ですので、あとは内装のデザインや使い勝手の良さなど実際に試乗してみて比較してみるといいでしょう。