ハイエース 売却後のキャンセル

売却後のキャンセル

ハイエースを買取査定に出して契約を完了した後に、やっぱり手放したくない、もしくは何らかの都合でキャンセルしたいと思うことがあるかも知れません。
売却契約が成立した後にキャンセルをすることは可能なのでしょうか?トラブルになったりはしないのでしょうか?
キャンセルをしたいと思ったタイミングが査定のみでまだ契約を結んでいない場合はトラブルになることはありませんが、契約を結び、一方的にキャンセルを要求すると、違約金を請求される可能性があります。買取業者は買い取った車をすぐにオークションに出品したり、店頭に並べる準備に取り掛かるので、急にキャンセルされると大きな損害を被るためその損害分を請求されるケースもあります。
契約の際はまずは契約書をしっかり読むことが重要です。契約書には契約後一定期間を過ぎてからのキャンセルは違約違反となるという旨が記載されていることがあります。定められた期間内であればキャンセルをしても問題ありませんが、期間を過ぎてしまってからは違約金を請求されると思っていた方が良いでしょう。

 

車買取の際のトラブルとして、キャンセル時のトラブルも多いものの一つとなっています。
後から調べたら他店の方が買取額が高かったということもあるかも知れません。その場合車の買取をキャンセルして他の買取店で売りたいと思うかもしれませんが、既に契約を済ませている場合は手遅れです。車売却の際は、契約をする前に事前にいくつかの買取業者に問い合わせて慎重に業者を選びましょう。

 

また契約を結んだ後にキャンセルする場合、キャンセル料が発生することがあります。無償キャンセルができる期間は買取店によって異なりますが、既にその買取店の手元から車が離れている場合はキャンセル料を支払うことになるかも知れません。早いところだと2〜3日で手元から離れてしまっていることがありますので、キャンセルする場合は売却した翌日には連絡をした方が良いでしょう。