ハイエース オークション

オークションでの売却

ハイエースを高く売る方法として、オークションで売却するという方法があります。
車に詳しい方なら知っている方も多いかと思いますが、個人向けのオークションに車を出品して売却する方法があります。オークションはその特性上からも車に興味を持っている人が利用しているので、すぐに入札され、高額入札の可能性も大きいです。ただ、オークション特有のトラブルも多く、車の専門知識も必要になってくる場合があるので、素人には敷居の高い売却方法です。
個人オークションは最も利益率の高い売却方法ではありますが、トラブルも多いのです。
車をオークションで売却した場合、最も多いトラブルは名義変更に関するものだと言われています。オークションでの車の売買は基本的に落札者が名義変更を行います。売却した車を落札者が自分の名義に変更して載る分には問題ありませんが、中には名義を変更しないまま乗る人もいるようです。そうなると、例えば落札者が交通違反などで罰金を科せられたり、警察に出頭するような事態になった時に、その違反金の支払い義務や警察への出頭命令はすべて元の持ち主のところへ来るのです。また自動車税の納税義務も前の持ち主に発生してしまいます。
また遠方の人に落札された場合は、実際に車を確認せずに送るということが多くありますが、これもトラブルの元となります。売却する際は実際に納得してもらえるまで車のチェックをしてもらい、売却後のクレームは一切受け付けないといった書類を書いてもらうべきです。そうでないと、後からクレームをつけられたり、ちょっとしたことで修理代金を要求されるかもしれません。
また個人オークションはクレーマーも非常に多いのです。商品説明文に「ノークレームノーリターン」と書いておいてもお構いなしにクレームをつけてくるようです。
こうしたことが多いため、個人オークションはおすすめできません。

 

また業務用オークションと言うものもあります。
業務用オートオークションの参加には許可証が必要です。なので代行を利用することになります。
オートオークションの代行は手数料がかかります。また、それほど高く売却できるわけでもありません。手数料を含めると、普通に売却した方が高く売れた、なんてこともありますので、こちらもあまりおすすめはしません。

 

車の売却は、買取業者に売却した方が安全で高く売れると考えておいた方が良いでしょう。