ハイエース 高く売るには 注意点

ハイエースを売る時の注意点

ハイエースを売却する時に、後々トラブルの原因になってしまわないように注意しなければならないことがあります。
こちらで確認していきましょう。

 

名義変更について

ハイエースなど中古車の買取の際のトラブルで起こりやすいのが、名義変更のタイミングの問題です。
売却したハイエースは一旦業者名義に変更されるのですが、次のオーナーに売却するのが決まっているという時などは名義変更しないでそのままと言うこともあるようです。
そんな時期にもし事故を起こしたら、責任を問われることにもなりかねません。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、名義変更の時期と報告方法についてしっかり手続きの際に確認しておきましょう。

 

リサイクル料金について

リサイクル料金とは、自動車を廃車にする時に適正に有用資源をリサイクルするための料金です。現在では自動車購入時にリサイクル料の委託金を支払うことになっています。これは新車でも中古車でも同じですので、オーナーが代わる度にリサイクル料は支払われることになります。ただしその車が廃車になるまでリサイクル料は実際には使われません。ではオーナーが代わる度に委託金が支払われるならば、売却時にその車を購入した時に支払ったリサイクル料の委託金はどうなるのかと言うと、売却の際に委託金を支払った時に受け取っている「リサイクル券」を渡すことでリサイクル料を受け取ることができます。このリサイクル料ですが、買取業者によって査定額に含まれる場合と別に支払われる場合があります。これは買取業者によって違いますので、売却の際に確認するようにしましょう。

 

故障・破損の記載・申告について

事故歴・修復歴を隠したまま売却してしまうと、後で大変なことになってしまうことがあります。嘘をついたり隠して売却すると、最悪の場合賠償請求と言う話にまで発展する可能性もありますので、きちんと申告するようにしましょう。