ハイエース 悪徳業者

悪徳業者に注意

中古車買取業者は数えきれないほどあります。その中には大手の業者から無名の業者まであり、悪徳業者も紛れ込んでいます。悪徳業者に引っかかってしまうと色々なトラブルが発生し、かなり安い金額で車を手放すことになってしまうこともあります。

 

悪徳業者は名前の知れている大手の買取業者とは違い、小規模で名前も知られていないというのが普通です。そしてそのような業者の中で最も危険なのが事故車買取業者です。

 

悪徳業者の特徴としては、やり方が強引で、全てがいい加減で、約束を守らないということが多いです。また悪徳業者の場合、最初の見積もりは他の業者よりも高い買取額を提示してきたりします。ところが実際に査定してもらうと、色々とマイナスポイントを指摘され、かなり低い査定額を提示されてしまいます。その時に断ろうとすれば、交通費や人件費を払えと言われることもあるようです。

 

また悪徳業者は買取後の名義変更をしないところが多いです。買取業者は、車を買い取ったら名義変更をして車の所有権を前の持ち主から業者に移さなければなりません。

 

しかしこれには手間と経費が掛かるため、この手続きを省略する業者がいます。車が売れた時に初めて次のオーナーの名義に変更するのです。書類上の所有者を変更されないまま買い取られると、その後に事故など何かのトラブルに車が巻き込まれてしまった時に、責任の一部が前の持ち主に降りかかることがあるのです。

 

こうしたことを避けるために、買取業者と取引を行う時には名義変更をいつ行うのか必ず確認しましょう。優良業者であればいつ名義変更を行うかということを隠したりごまかしたりしません。また、必要な手続きが終わったら証明書や通知を送ってくれるはずです。

 

そして悪徳業者の中には、実際に車を見て査定した時に提示した買取金額よりも安い金額を銀行に振り込むところがあります。不審に思って問い合わせをすると、「色々な経費を差し引いたらその金額になります。」と答えるのです。

 

これを避けるには、提示された金額が全額振り込まれるのか、何らかの経費が差し引かれるのかをきちんと確認することが必要です。優良企業の場合は仮にこうした経費が発生するとしたら、文書で知らせてくれるはずです。経費の話をするとはぐらかす業者には絶対に売らないようにしましょう。